バクテリオファージとニキビ

ニキビの救世主!?バクテリオファージとは?

2019.10.15

健やかな肌のキーワードは「菌バランス」

「菌バランス」と聞くと腸の菌バランスを思い浮かべる方が多いかもしれません。

実は菌は腸内だけではなく、肌にも生息しています。

そして、肌にいる菌はバランスを取りながら、ニキビのない健やかな肌を作ってくれています。

肌にいる菌の働き

肌に微生物がいると聞くと気持ち悪いと思う方もいるかもしれません。しかし、実は肌にいる微生物の多くはヒトにはない機能を持っていて、肌をニキビのない状態に保つ上では欠かせない存在となっているのです。

肌に生息する善玉菌は次のような働きをしてくれています

  • ✓病原菌から肌を守る
  • ✓皮膚の炎症を抑える

しかし、皮脂の分泌が活発化するなどして毛穴がふさがってしまうと、アクネ菌が皮脂をエサに過剰に増殖してしまいます。すると、毛穴の中で繁殖したアクネ菌などの菌に対抗するため、身体の免疫システムが働き、炎症が引き起こされます。この赤く腫れあがった状態を赤ニキビと呼びます。

このようにして出来た赤ニキビを治すためには、増えすぎてしまったニキビ原因菌を減らして善玉菌がいきいきと働ける環境を作ることが重要です。

ファージはニキビ原因菌を退治する

では、菌バランスを整えるにはどうすればよいでしょうか?

実はバクテリオファージ(以下、ファージ)の力を借りれば、菌バランスを整えることができるんです。

アクネ菌や黄色ブドウ球菌などニキビ原因菌をターゲット(宿主)とするファージは、ニキビを引き起こす細菌にだけ感染します。例えばアクネ菌をターゲットとするファージはアクネ菌を退治することができたとしても、大腸菌のような別の種類の細菌には見向きもしません。

ファージは脚についているセンサーを使って、ニキビ原因菌の目印を探します。そして、ファージはニキビ原因菌の目印を見つけるとニキビ原因菌に感染します。

ニキビ原因菌に感染したファージはニキビ原因菌の中で増えて、ニキビ原因菌を溶かしてしまいます。

ニキビ原因菌がある程度少なくなると、ファージもそれに合わせて少なくなっていきます。

美肌フローラ完全ガイド

ニキビで悩む方の88%が支持※!菌バランスを整える方法とは!?イスクラ産業株式会社のレポートをメールにてお送りします。
*は必須


*

   


※調査委託先:株式会社マクロミル、回答者:20~39歳の男女10,000名、調査期間:2018年10月31日~2018年11月3日、調査手法:インターネット調査

参考文献:
Wiggins BA, Alexander M. Minimum bacterial density for bacteriophage replication: implications for significance of bacteriophages in natural ecosystems. Appl. Environ. Microbiol., 1985, 49: 19-23.
Wommack KE, Ravel J, Hill RT, Colwell RR.  Hybridization Analysis of Chesapeake Bay virioplankton. Appl. Environ. Microbiol., 1999,65: 241-250.
M. Morita, Y. Tanji, K. Mizoguchi, T. Akitsu, N. Kijima and H. Unno. Characterization of virulent bacteriophage specific for Escherichia coli O157:H7 and analysis of its cellular receptor and two tail fiber genes, FEMS Microbiol. Letter, 211, 77-83 (2002)

この記事を友達にシェアしよう!

この記事を友達にシェアしよう!ニキビの救世主!?バクテリオファージとは?

関連記事