バクテリオファージとニキビ

バクテリオファージとニキビ|得意分野と苦手分野

2020.02.03

バクテリオファージ(以下ファージ)は全てのニキビに対して効果があるわけではなく、得意分野と苦手分野があります。
ファージを利用する前に、ファージの得意分野と苦手分野をおさえておきましょう。

得意分野

・細菌が原因の赤ニキビや黄ニキビ

赤ニキビ、黄ニキビは特定の菌が増えて菌バランスが崩れることでできます。

赤ニキビや黄ニキビを治すには、増えすぎてしまったニキビ原因菌を減らし、正常な菌バランスに戻すことが重要です。
ファージは、増えすぎてしまったニキビ原因菌を正常なレベルにまで戻す上でとても効果的な力を発揮してくれます。

苦手分野

・白ニキビ/黒ニキビ

白ニキビや黒ニキビの原因は細菌ではなく、毛穴の詰まりです。 ファージは増えすぎてしまったニキビ原因菌を減らすことはできても、毛穴の詰まりを治すことはできません

・ターゲットではない細菌によって引き起こされる赤ニキビや黄ニキビ

それぞれのファージは特定の細菌にしか感染することができません。
例えばアクネ菌をターゲット(宿主)とするファージはアクネ菌を退治することができたとしても、黄色ブドウ球菌には見向きもしません。
しかもアクネ菌をターゲットとするファージがあらゆるアクネ菌を退治できるというわけではありません。一概にアクネ菌といっても実はとても個性豊かなので、1種類のアクネ菌ファージだけでこの世の全てのアクネ菌に対応できるようにするというのは不可能なのです。

ある程度の種類のアクネ菌をカバーできるようにするには、複数の種類のアクネ菌ファージを組み合わせる必要があります。
このように複数の種類のファージを組み合わせたもののことを、数種の洋酒やジュースなどを混ぜあわせたカクテルになぞらえて「ファージカクテル」と呼んでいます。

現状のファージカクテルが対応としない細菌により引き起こされたニキビの場合は、その原因菌にあったファージを新たに探して使う必要が出てきます。

・カビが原因の赤ニキビ

ニキビの中には細菌ではなく、カビによって引き起こされるものもあります。ファージは細菌のみに感染するので、カビを原因とするニキビには効きません。

この記事を友達にシェアしよう!

この記事を友達にシェアしよう!バクテリオファージとニキビ|得意分野と苦手分野

関連記事