部位

胸の赤ニキビが治らない:原因と新しい治療法を専門家が伝授!

2024.01.22

この記事の要点は…

  • ✓胸にできる赤ニキビとは?
  • ✓胸にできる赤ニキビの原因とは?
  • ✓胸の赤ニキビの予防法
  • ✓胸の赤ニキビの原因についてのまとめ
  • ✓治らない胸の赤ニキビにバクテリオファージ
  • ✓生物の摂理に叶った治療法
  • ✓実際にバクテリオファージ配合製品を使った結果

なかなか治らない胸の赤ニキビで悩んでいませんか?

赤ニキビは、顔だけでなく身体の他の部位にも発生します。特に胸やデコルテ、背中は肌がデリケートで、かつ皮脂腺が多いことから、ニキビができやすい部位の一つです。胸の赤ニキビは痛みを伴うこともあります。
今、この厄介な「胸ニキビ」に対してある治療法が注目されているんです。
それは、バクテリオファージを使った治療法となります。
今回はこの「胸ニキビ」のできるプロセスと予防法、そして、バクテリオファージを使った治療法について詳しく解説します。

胸にできる赤ニキビとは?

赤ニキビとは、アクネ菌が皮脂をエサに繁殖し、炎症を起こした状態を指します。
胸は皮脂腺が多く、汗をかきやすい部位なので、ニキビができやすい傾向にあります。ニキビは進行状態によって以下の4種類に分けられます。

○白ニキビ(面皰)

皮脂や汚れが毛穴に詰まった状態。
表面はまだ閉じていて、ポツンとした小さな白い点に見えます。

黒ニキビ(面皰)

皮脂がたまり黒く酸化した状態。
毛穴が開いた状態でメラニン色素や酸化された皮脂などによって黒く見えます。

○赤ニキビ

白ニキビ、黒ニキビ(面皰)が悪化し、アクネ菌が皮脂をエサに繁殖し、炎症を起こした状態。
患部の周りが赤く腫れ上がるため赤く見えます。
痛みを伴います。

○黃ニキビ

赤ニキビがさらに悪化し、炎症部が化膿した状態(膿疱性ニキビ)。
黄色い膿が溜まっているため黄色く見えます。
痛みを伴います。

ニキビの原因となるアクネ菌は、普段は悪玉菌の繁殖を抑え、肌を健やかに保つ働きをしています。
アクネ菌が一定数存在していたとしても、お肌の菌のバランスが取れている状態であれば、肌は健やかな状態に保たれます。
しかし、毛穴が皮脂や汚れなどで詰まると皮脂が過剰に分泌されます。
すると、アクネ菌が皮脂をエサに増殖します。
アクネ菌が増えると、菌の増殖を抑えるために身体の免疫システムが働くことで炎症が引き起こされます。
炎症により赤く腫れ上がった状態が赤ニキビです。
また、赤ニキビを放置しておくと黄色ブドウ球菌が炎症部に入り込んで膿が溜まり、黄ニキビとなってしまいます。

赤ニキビ、黄ニキビを潰してしまうとぴかぴかした傷(萎縮性瘢痕)やクレーター(陥凹性瘢痕)が出来てしまい、ニキビ跡として残ります。
また、ニキビの炎症の跡にメラニン色素が沈着し、赤み、シミのように見える色素沈着という状態で残ることがあります。
ニキビ跡、色素沈着になってしまうとセルフケアで治すことは難しく、皮膚科か美容皮膚科で治療を受ける必要があります。
ニキビ跡、色素沈着を残さないためにも、赤ニキビができたら、早期に治療することが大切です。

胸にできる赤ニキビの原因とは?

胸の赤ニキビは、皮脂の過剰分泌、毛穴の詰まり、生活習慣の乱れや外部からの刺激が原因となります。
これらが原因となって、肌のターンオーバーが乱れ、皮脂が過剰に分泌されると、皮脂をエサにアクネ菌が増殖して炎症が引き起こされてしまいます。

胸にできるブツブツは実は赤ニキビではない可能性もあります。
胸にできるブツブツの代表的なものとしてマラセチア毛包炎、毛孔性苔癬、汗疹があります。

マラセチア毛包炎

マラセチア毛包炎は、マラセチアと呼ばれる、皮膚に常在する真菌が原因となって引き起こされます。マラセチア菌が増殖すると、皮脂を分解して遊離脂肪酸を作り出します。この遊離脂肪酸が皮膚を刺激し、炎症を引き起こします。
マラセチア毛包炎は毛穴のある位置に発生します。赤みを帯び、中央に膿を持った皮膚の盛り上がりが見られ、軽い痛みを伴うことがあります。
マラセチア菌は、皮脂を栄養源として生息しています。そのため、マラセチア毛包炎は皮脂の分泌が多い人や、皮脂の分泌が活発な思春期の青少年、または皮膚のバリア機能が低下している人に多く見られます。
特に胸や背中、顔は皮脂腺が多く、皮脂の分泌も多いため、マラセチア菌が繁殖しやすい環境となっています。
予防や発生時の対策としては皮膚を清潔に保つことが大切です。さらに、皮膚のバリア機能を高めるためのスキンケアも重要となります。
抗真菌薬などによる治療が必要の場合もあるため、皮膚科を受診することをオススメします。

毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)

毛孔性苔癬はザラザラとした感触のブツブツを特徴とします。毛孔性苔癬はターンオーバーの乱れによって古い角質がたまって、皮膚が盛り上がることにより引き起こされます。毛孔性角化症の一種で「さめ肌」と呼ばれることもあります。
赤ニキビのように赤く腫れ上がることはほとんどなく、痛みやかゆみもないのが一般的です。
小学校に入学する頃に発生し、思春期に最も目立つようになります。
その後、年齢とともに疾患の程度は自然と落ち着き、30代以降は目立たなくなっていくことが多い傾向にあります。
角質を柔らかくする薬などで治療も行えるため、気になる場合は皮膚科を受診するとよいでしょう。

あせも(汗疹)

汗疹は、汗を排出する管が大量の汗(汗の成分やホコリ)によって詰まり、行き場のない汗が皮膚の中にたまって周囲の組織を刺激することで引き起こされる皮膚疾患です。汗疹は、胸や背中、脇の下などの汗をかきやすい部位に多く見られます。汗疹は、特に汗をかきやすい夏場や運動後などによく見られます。汗疹が起こると、小さなぶつぶつやかゆみを伴うことがあります。重症化すると、皮膚の表面が剥がれてしまうこともあります。
汗疹を予防するためには、こまめに汗を拭き取り、皮膚を清潔に保つことが大切です。

胸の赤ニキビの予防法

赤ニキビは一度できるとなかなか治りません。
赤ニキビを治すのにもっとも大切なことは、増殖したアクネ菌などのニキビ原因菌を退治して菌バランスを整えることです。
では、殺菌成分を使って、アクネ菌などのニキビ原因菌を全滅させればよいのかというと、そういうわけでもありません。
なぜなら、殺菌成分を使用すると肌に必要な善玉菌まで殺してしまったり、敏感な肌には刺激となったりするため、かえって赤ニキビの症状が悪化してしまうこともあるからです。

肌にいる微生物の多くは、肌を健やかに保つ上では欠かせない存在です。
赤ニキビの原因となるアクネ菌も、普段は肌を健やかに保つ働きをしています。
しかし、過剰な皮脂分泌などが原因で毛穴がふさがるとアクネ菌が増殖して赤ニキビができてしまいます。
このようにできた赤ニキビを治すには、増殖したアクネ菌などのニキビ原因菌を減らして、善玉菌がいきいきと働ける環境をつくることが重要です。
そのためには生活習慣の改善と正しいスキンケアが大切です。

規則正しい生活

規則正しい生活習慣を心がけ、十分な睡眠をとることが大切です。
睡眠時間を確保することによって肌のターンオーバーが正常に行われ、乾燥やバリア機能の低下が起こりにくくなります。
そうすることで、赤ニキビができることが少なくなります。

毛穴詰まりを防ぐ

皮脂や汗、角質などが毛穴に詰まらないように、清潔に保つことが大切です。
特に、汗をかいた後は早めにシャワーを浴びて汗を洗い流し、清潔な下着に変えるようにしましょう。
また、スキンケア用品を選ぶ際には、肌に負担のかからないオイルフリーやノンコメドジェニックテスト済みのものを選ぶと良いでしょう。

摩擦を避ける

きついブラジャーや下着をつけていると摩擦となる可能性があるので、ピッタリのサイズのものを選びましょう。
また、ポリエステルなどの化学繊維ではなく、綿の下着などを着用すると良いです。
汗をかいた状態だと摩擦が起こりやすくなるため、汗をかいたら早めに着替えることも大切です。

食生活の見直し

バランスの良い食事を心がけ、特にビタミンやミネラルを豊富に含む食べ物を摂るようにしましょう。

ストレスをためない

ストレスは皮膚の免疫力を低下させます。
皮膚の免疫力が低下すると、赤ニキビの炎症を悪化させたり、皮膚の再生力を低下させたりするため、ニキビ跡が残りやすくなります。
趣味を楽しんだり、適度な運動をしたりすることでストレスを発散することが有効です。
また、十分な睡眠をとることも、ストレスを軽減する上で重要です。
ストレスを日々解消して、蓄積を防ぐことが大切です。

こういった対策を総合的に取り入れ、肌を守ることが大切です。

胸の赤ニキビの原因についてのまとめ

赤ニキビを予防するには規則正しい生活を心がけ、肌のターンオーバーを正常に保ち、バリア機能を維持し続けることが大切です。
そのためには、正しいスキンケアを行うことがポイント。
そして、善玉菌がいきいきと働き続けられる環境、つまり「菌バランス」が整えられた状態を維持し続けることが最も重要です。

加藤先生のお話にもあるとおり、私たちの肌を健やかな状態に保つには、殺菌成分を使って殺菌するのではなく、菌バランスがとれた環境を作ることこそが重要となります。
また、菌バランスがとれた環境を維持し続けることが赤ニキビを予防するうえで重要です。

では、殺菌成分を使わずに菌バランスのとれた環境を作り出すにはどうしたらよいのでしょうか?
その答えは、現在注目を集めているバクテリオファージにあります。

治らない胸の赤ニキビにバクテリオファージ

毛穴に皮脂が詰まると皮脂をエサにするアクネ菌などが増殖し、菌バランスが崩れることによって炎症を起こし、赤ニキビができます。
そのため、赤ニキビを治すためには菌バランスを正常に戻すことが必要です。
また、ニキビを繰り返さないためには、正常な菌バランスを保ち続ける必要があります。
人の表皮には数百種類もの細菌が生育し、その多くは正常な肌環境を保つために必要で、善玉菌と呼ばれています。
善玉菌の代表として表皮ブドウ球菌が挙げられます。
表皮ブドウ球菌はニキビの原因となる余分な皮脂を分解します。
そして、肌の潤いを保ち、肌表面を弱酸性にすることで病原菌の増殖を抑える働きをしています。
従来の殺菌成分を使った治療法だと、肌に必要な善玉菌までなくなってしまい、菌バランスを保つことが困難です。
一時的には治るかもしれませんが、菌バランスが崩れている状態なので、またすぐに赤ニキビができてしまうおそれがあります。
バクテリオファージを使うことによって過剰に増殖したアクネ菌などのニキビ原因菌だけを減らします。
そうすることによって、善玉菌など肌に必要な菌はなくさずに肌の菌バランスが保たれた状態を維持することができます。

バクテリオファージがお肌の菌バランスを整えるのに重要な役割を果たす理由は3つあります。

理由1 狙った菌だけを退治する

バクテリオファージは、一般的な殺菌成分のようにお肌を守る善玉菌も殺してしまうのではなく、自分が感染できる相手(宿主)を厳密に見分ける能力があり、狙った菌にだけにとりつき、自己増殖しながら宿主を溶菌します。
例えば、ニキビ原因菌をターゲットとするバクテリオファージは、赤ニキビを引き起こすニキビ原因菌のみを溶菌します。
また、ファージは自分が感染できる菌(宿主)を厳密に見分ける能力があります。
宿主以外の菌には感染することができないので、複数の菌がニキビの原因菌である場合は複数の菌に感染できるファージの混合液(ファージカクテル)を用いる必要があります。

理由2 増殖した菌だけを退治する

バクテリオファージは、ターゲットとする宿主菌が少なくなると感染効率が減少し、宿主を全滅することはありません。
そのため、ターゲットの菌を全滅させることなく、菌バランスが整った状態に戻すことができます。

理由3 善玉菌を守って赤ニキビのできにくい肌に

バクテリオファージは、お肌に必要な善玉菌は残したまま、アクネ菌などのニキビ原因菌を退治します。
そのため、菌バランスを整えてバリア機能を高めることができ、ニキビができにくい肌へと導くことができます。

生物の摂理に叶った治療法

バクテリオファージを使った治療法は、体内に元々あるバクテリオファージを補うもので、生物の摂理に叶った治療法と言えます。
また、バクテリオファージを使うことで赤ニキビを治すだけではなく、赤ニキビのできにくい健康な肌を維持し続けることができます。

実際にバクテリオファージ配合製品を使った結果

ここでは実際にバクテリオファージ配合製品を使った人の結果を紹介します。

どの症例もニキビが改善しているのが確認できます。

胸の赤ニキビの治療法まとめ

バクテリオファージを使ったニキビの治療法は、我々のお肌に存在しているバクテリオファージを補うという方法です。
殺菌してニキビを治療する従来の方法とはまったく違った新しいアプローチになります。
赤ニキビが治るだけでなく、ニキビができにくい健康な肌を保ち続けられるというのは嬉しいですよね。
胸の赤ニキビがなかなか治らなくて悩んでいる人は、バクテリオファージを使った方法を一度、試してください。
たとえば、こんな悩みです。

・皮膚科を受診し処方された塗り薬や治療薬(抗生物質)を使っても赤ニキビが改善しない
・様々な化粧品でニキビケアをしているけど赤ニキビが改善しない
・何度も繰り返す赤ニキビに困っている
・改善するどころか日に日にひどくなっている

これらの悩みから解放されたい方は、ぜひ「ファージ配合」で検索してみてください。
新たな赤ニキビ治療法の可能性を、あなたの肌で体験してみてください。

この記事を友達にシェアしよう!

この記事を友達にシェアしよう!胸の赤ニキビが治らない:原因と新しい治療法を専門家が伝授!

関連記事