種類

赤ニキビは潰すべき?:赤ニキビの予防法と最新治療法を専門家が解説

2023.12.11

この記事の要点は…

  • ✓赤ニキビとは?
  • ✓赤ニキビは潰すべき?
  • ✓赤ニキビを作らないための予防法
  • ✓赤ニキビの治療法

赤ニキビができて悩んでいませんか?

赤ニキビができると、炎症が起きて赤みが出たり、皮膚が腫れたりと厄介な状態が続きます。
しかも、赤ニキビが治るまでには長い時間がかかることが多く、何を試しても効果が見えず、1ヶ月経っても全然治らないなんてこともありますよね。
「赤ニキビを早く治すためには潰すのがよい」なんて言われることもありますよね。
でも、潰したらニキビ跡になりそうな予感もする。
本当に赤ニキビを潰しても良いのか?だめなのか?
そんな悩めるあなたのために、赤ニキビを潰しても良いのか?という疑問にお答えしていきます。
また、今注目されているバクテリオファージを使った新しいニキビの治し方を徹底解説します。
まずは、日常生活でのスキンケアや食生活の改善についても触れていくので、ぜひ最後までお読みいただけると嬉しいです。

赤ニキビとは?

赤ニキビとは、アクネ菌が皮脂をエサに繁殖し、炎症を起こした状態を指します。
ニキビは進行状態によって以下の4種類に分けられます。

○白ニキビ(面皰)

皮脂や汚れが毛穴に詰まった状態。
表面はまだ閉じていて、ポツンとした小さな白い点に見えます。

黒ニキビ(面皰)

皮脂がたまり黒く酸化した状態。
毛穴が開いた状態でメラニン色素や酸化された皮脂などによって黒く見えます。

○赤ニキビ

白ニキビ、黒ニキビ(面皰)が悪化し、アクネ菌が皮脂をエサに繁殖し、炎症を起こした状態。
患部の周りが赤く腫れ上がるため赤く見えます。

○黃ニキビ

赤ニキビがさらに悪化し、炎症部が化膿した状態(膿疱性ニキビ)。
黄色い膿が溜まっているため黄色く見えます。

赤ニキビは潰すべき

結論から言うとニキビはどの種類であっても潰すべきではありません。
皮膚科などの医療機関では「面皰圧出(めんぽうあっしゅつ)」という専用器具を使ってニキビの皮脂を押し出して治療を行うこともありますが、セルフで潰してしまうとニキビ跡になったり、さらに悪化したりするおそれがあるのでやめましょう。

赤ニキビを潰すとどうなる?

▼雑菌が入り炎症がさらに悪化する可能性がある
▼ニキビ跡になる

赤ニキビを作らないための予防法

赤ニキビは一度できるとなかなか治りません。
痛い赤ニキビを治すのにもっとも大切なことは、増殖したアクネ菌などのニキビ原因菌を退治して菌バランスを整えることです。
では、殺菌成分を使って、アクネ菌などのニキビ原因菌を全滅させればよいのかというと、そういうわけでもありません。
なぜなら、殺菌成分を使用すると肌に必要な善玉菌まで殺してしまったり、敏感な肌には刺激となったりするため、かえって赤ニキビの症状が悪化してしまうこともあるからです。

肌にいる微生物の多くは、肌を健やかに保つ上では欠かせない存在です。
赤ニキビの原因となるアクネ菌も、普段は肌を健やかに保つ働きをしています。
しかし、過剰な皮脂分泌などが原因で毛穴がふさがるとアクネ菌が増殖して赤ニキビができてしまいます。
このようにできた赤ニキビを治すには、増殖したアクネ菌などのニキビ原因菌を減らして、善玉菌がいきいきと働ける環境をつくることが重要です。
そのためには生活習慣の改善と正しいスキンケアが大切です。

▼自分に合ったスキンケアを見つける
▼食生活の見直し
▼生活習慣の改善
▼ストレスをためない

赤ニキビは潰すべき?についてのまとめ

赤ニキビを予防するには規則正しい生活を心がけ、肌のターンオーバーを正常に保ち、バリア機能を維持し続けることが大切です。
そのためには、正しいクレンジングや洗顔、スキンケアを行うことがポイント。
そして、善玉菌がいきいきと働き続けられる環境、つまり「菌バランス」が整えられた状態を維持し続けることが最も重要です。

加藤先生のお話にもあるとおり、私たちの肌を健やかな状態に保つには、殺菌成分を使って殺菌するのではなく、菌バランスがとれた環境を作ることこそが重要となります。
また、菌バランスがとれた環境を維持し続けることが赤ニキビを予防するうえで重要です。

では、殺菌成分を使わずに菌バランスのとれた環境を作り出すにはどうしたらよいのでしょうか?
その答えは、現在注目を集めているバクテリオファージにあります。

赤ニキビを治すためにバクテリオファージ

毛穴に皮脂が詰まると皮脂をエサにするアクネ菌などが増殖し、菌バランスが崩れることによって炎症を起こし、赤ニキビができます。
そのため、赤ニキビを治すためには正常な菌バランスに戻すことが必要です。
また、ニキビを繰り返さないためには、正常な菌バランスを保ち続ける必要があります。
人の表皮には数百種類もの細菌が生育し、その多くは正常な肌環境を保つために必要で、善玉菌と呼ばれています。
善玉菌の代表として表皮ブドウ球菌が挙げられます。
表皮ブドウ球菌はニキビの原因となる余分な皮脂を分解します。
そして、肌の潤いを保ち、肌表面を弱酸性にすることで病原菌の増殖を抑える働きをしています。
従来の殺菌成分を使った治療法だと、肌に必要な善玉菌までなくなってしまい、菌バランスを保つことが困難です。
一時的には治るかもしれませんが、菌バランスが崩れている状態なので、またすぐに赤ニキビができてしまうおそれがあります。
バクテリオファージを使うことによって増えすぎたアクネ菌などのニキビ原因菌だけを減らします。
そうすることによって、善玉菌など肌に必要な菌はなくさずに肌の菌バランスが保たれた状態を維持することができます。

バクテリオファージがお肌の菌バランスを整えるのに重要な役割を果たす理由は3つあります。

理由1 狙った菌だけを退治する

バクテリオファージは、一般的な殺菌成分のようにお肌を守る善玉菌も殺してしまうのではなく、自分が感染できる相手(宿主)を厳密に見分ける能力があり、狙った菌にだけにとりつき、自己増殖しながら宿主を溶菌します。
例えば、ニキビ原因菌をターゲットとするバクテリオファージは、赤ニキビを引き起こすニキビ原因菌のみを溶菌します。
また、ファージは自分が感染できる菌(宿主)を厳密に見分ける能力があります。
宿主以外の菌には感染することができないので、複数の菌がニキビの原因菌である場合は複数の菌に感染できるファージの混合液(ファージカクテル)を用いる必要があります。

理由2 増殖した菌だけを退治する

バクテリオファージは、ターゲットとする宿主菌がある程度少なくなると自己増殖できなくなり、それに合わせて少なくなります。
そのため、ターゲットの菌を全滅させることなく、菌バランスが整った状態に戻すことができます。

理由3 善玉菌を守って赤ニキビのできにくい肌に

バクテリオファージは、お肌に必要な善玉菌は残したまま、アクネ菌などのニキビ原因菌を退治します。
そのため、菌バランスを整えてバリア機能を高めることができ、ニキビができにくい肌へと導くことができます。

生物の摂理に叶った治療法

バクテリオファージを使った治療法は、体内に元々あるバクテリオファージを補うもので、生物の摂理に叶った治療法と言えます。
また、バクテリオファージを使うことで赤ニキビを治すだけではなく、赤ニキビのできにくい健康な肌を維持し続けることができます。

実際にバクテリオファージ配合製品を使った結果

ここでは実際にバクテリオファージ配合製品を使った人の結果を紹介します。

どの症例もニキビが改善しているのが確認できます。

赤ニキビの治療法まとめ

赤ニキビを潰すことは、一時的な解決に過ぎず、長期的に見ると赤ニキビがなかなか治らない原因となります。
バクテリオファージを使ったニキビの治療法は、我々のお肌に存在しているバクテリオファージを補うという方法です。
殺菌してニキビを治療する従来の方法とはまったく違った新しいアプローチになります。
赤ニキビが治るだけでなく、ニキビができにくい健康な肌を保ち続けられるというのは嬉しいですよね。
赤ニキビがなかなか治らなくて悩んでいる人は、バクテリオファージを使った方法を一度、試してください。
赤ニキビを治したくて治療法を探している人は、ぜひ「ファージ配合」で検索してみてください。
新たな赤ニキビ治療法の可能性を、あなたの肌で体験してみてください。

この記事を友達にシェアしよう!

この記事を友達にシェアしよう!赤ニキビは潰すべき?:赤ニキビの予防法と最新治療法を専門家が解説

関連記事