バクテリオファージとニキビ

【皮膚科医監修】ニキビの原因はストレス?食事?

2020.03.23

この記事の要点は…
  • ✓ニキビに良い食べ物・悪い食べ物ってあるの?
  • ✓肌の汚れがニキビの原因?
  • ✓ストレスとニキビの関係
  • ✓ニキビを100%予防できる方法ってあるの?

『チョコレートはニキビの大敵』『ストレスでニキビができる』などという話を聞いたことはありませんか?今回はニキビに関する様々な研究をもとに、よく言われる「ニキビの原因」の真偽について検証してみたいと思います

食事

脂っこい食べ物やチョコレートを食べると、ニキビになりやすくなると考えている方は多いかと思います。ところが、実は、食べ物とニキビが関係しているという説得力ある科学的な根拠はまだ見つかっていません。

一方で、高血糖食から低血糖食に切り替えることで、血糖値の急上昇を防ぎ、ニキビが減るかもしれないという小規模な研究もあります。血糖値の急上昇によって全身に炎症が起こること、また、多くの皮脂が体内で生産されることが、ニキビの原因につながるのではないかと考えられています

しかし現状では、食事とニキビの関係はまだ完全には解明されていません。

特定の食べ物を食べるとニキビが悪化するという人は、その食べ物を避けたほうがいいでしょう。

肌の汚れ

肌の汚れがニキビの原因であることの確認はなされていません。ニキビは、死んだ肌細胞や皮脂などが肌の毛穴に詰まることで現れます。

原因にはならないとはいえ、汚れや汗は、すでに発生したニキビを刺激して悪化させる可能性があります。化粧品やヘアケア用品も、ニキビを進行させる可能性があるため、寝る前に優しく洗い落とすべきです。しかし、汚れを落とそうとゴシゴシと強く洗いすぎると肌を傷つけてしまうので、それは避けたほうがいいでしょう。

洗顔回数については、朝晩2回に加え、スポーツ後などの汗をかいたときに、優しく顔を洗うことが推奨されています。

ストレス

ストレスはニキビを引き起こさないと考えられています。一方で、ニキビを悪化させる可能性があることは認められています。

100%ニキビを防げる予防法

ニキビを治す治療法はありますが、ニキビを起こさないように確実に予防できる対策はありません。日々のスキンケアと日常生活を見直すことが大切です。

この記事を友達にシェアしよう!

この記事を友達にシェアしよう!【皮膚科医監修】ニキビの原因はストレス?食事?

関連記事